ソニー α7s

0
         
    SCARLETは良いカメラなのですが、何しろ重いし、バッテリーがすぐ減るし、立ち上がりが遅いので、NABで”買い替えたい!”と思える魅力のあるカメラが発表されないか、楽しみにしていました。
    NABでは多くの4Kカメラが発表されましたが、残念ながら「チームで撮影するカメラ」がほとんどでした。
    ブラックマジックデザイン(BMD)のURSA然り、AJAのCION然り。
    JVCのGY-LSX2や、既に発表されているソニーのFDR-AX1やAX100はワンマンオペレーション可能ですが、縦長のビデオカメラは、当方の選択肢としては対象外です。
    BMDのBMPC4KやパナソニックのGH4に対抗して、小型で安価なモデルを出すかと期待したREDは、DRAGONでもっと高価な世界に行ってしまって、もう遥かに手が届きません。
    そんな中にあって、ソニーから4K対応のミラーレス一眼が発表されました。
    α7sです。
    フルサイズセンサー採用の4K対応カメラです。
    いよいよ本命が出たかと思われました。
    しかし、なんと、このカメラ、自分では4K記録できないのです。。
    4K記録するためには、外部レコーダーが必要です。

    少し前なら、こんな小さなボディに4K記録は難しいのだろう、と思ったところですが、今は事情が違います。
    キヤノンは既に1D Cを商品化していますし、パナソニックは価格も含めてマーケットをワォと言わせたGH4を発表しています。
    ソニーが出してくる4Kカメラは、当然これらの上を行く4Kカメラと思いましたし、そうあるべきでした。
    どのような意思決定で4Kは外部記録となったか分かりませんが、アルファはあくまでスティルカメラだ、という強い主張があったのでしょうか?
    技術的には4K記録など問題なくできるが、あえて動画は追い求めないのだ、ということでしょうか。
    それとも、そこまでやってしまったら、既存の4Kカメラが売れなくなってしまう、という懸念があったのでしょうか。
    確かに、スティルカメラとしては、超高感度を誇る最高位レベルのカメラです。
    しかし、4Kを期待してたユーザーとしては、大きく肩透かしを食らわされた印象です。

    もっとも、外部レコーダーを入れてもSCARLETより軽いのかもしれませんが、やはり扱いは煩雑になってしまいます。
    まあ、しかし、これで、浮気心が消え失せ、新たな投資をしなくてもよいと、ちょっとほっとしたNABでもありました。
     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links




    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM