4Kは普及するか?の議論

0

    テレビのレポーターが4Kテレビの売り場に行って、「このテレビ欲しいですか?」などと客に聞き、「いや〜、こんな大きなテレビ、部屋に入りませんよ」とか「今のテレビで十分です」と言ったコメントを取り付け、4Kはメーカーの思惑通り普及するでしょうか?と否定的なコメントをする、と言った場面を見かけます。
    また、新聞やテレビなどでは、評論家が、ほとんどの場合否定的な意見を述べています。
    曰く、今のHD(ハイビジョン)で十分、これ以上高画質のテレビは不要。
    テレビ不況に悩むメーカーの策でしょう、などなど。
    確かにこのあいだ、地デジ化とか言われて、無理やりHDテレビに買い替えさせられた視聴者にとっては、またか!という気持ちも分からないではありません。
    中には3Dテレビを買ってしまって、あまりのコンテンツの少なさに憤慨しているユーザーもおられるでしょう。

    私もバラエティーやニュースはじめ、ほとんどの番組は、HDで十分と思います。
    今の地デジ番組で、HD以上の高画質で観たいという番組は、ほとんど無いのもまた事実です。
    人の顔を大写しにする撮影手法も、HDで見ると気持ち悪い以外何者でもありません。
    従って、4K、はたまたNHKが推進する8kテレビなどは不要、という意見がほとんどなのも、もっともなことかもしれません。

    またテレビ局や番組制作者側から考えてみても、やっとHDへの投資が終わったと思っている矢先に、また4Kへの投資を強いられるわけですから、あまりうれしいこととは言えないのが実情でしょう。
    単に4K対応のカメラなどの機材だけではありません。
    背景や衣装、あるいは俳優さんの化粧まで、4K対応にする必要性に迫られることになります。
    SDからHDに代わった時も、同じようなことが起こりました。

    しかし、この理由から4Kや8Kテレビが普及しないと結論付けたり、あるいはいたずらに4Kテレビを買うのは控えようと言うムードが広がるのは、残念な気がします。
    なぜなら、きちっと作りこんだドラマや紀行、芸術番組、あるいは丁寧にセットされた舞台やイベントなど、高画質で観てみたいという良質な番組も、数は少ないながら存在するからです。
    例えば4K撮影を積極的に行っている、TBSの「THE世界遺産」などは、大画面で、もっと高画質で観たいコンテンツでしょう。
    また、絵画や彫刻、歴史的建造物を扱うコンテンツなども同じでしょう。
    映画や劇場公開版のドラマも、大画面、高画質で観たいと思う人は少なくないと思います。

    ちょっと例えが的確か分かりませんが、デジカメのマーケットに似ているような気がします。
    現在のコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)は、画質といいズームなどの機能といい、もうこれで十分と言うほど高画質、高機能です。
    iPhoneのカメラでも、ほとんどの場合満足な画質で撮影することができます。
    このような状況で、一眼レフは必要でしょうか?

    これと同じ質問を、冒頭に書いたテレビのレポーターはしているような気がします。
    誰もが知っているとおり、一眼レフマーケットはしっかり存在しています。
    それどころか、利益の出ないコンデジを尻目に、売り上げを上げています。
    一部のマニアが購入しているだけではありません。
    写真を趣味にするリタイア組や、高画質で子供の写真を残しておきたいお母さんも、今やメジャーなユーザーです。

    これと同じように、4K、8Kテレビも、高画質で良質な番組を見たいというユーザーに支持されるのではないでしょうか?
    あるいは、既に4K以上の解像度を持つ写真を観るプラットフォームとしても、使われるかもしれません。
    同じ時間を使って観るなら、美しい映像をそれに応えられるプラットフォームでしっかり観たいというユーザー、あるいはマーケットは必ず存在します。
    現在、プロジェクターや大画面テレビでホームシアター的に観ているユーザーも、4K、8Kテレビのユーザーになるでしょう。

    しかし、問題は、このような良質な番組(=コストのかかる番組)はスポンサーや制作者から敬遠されますし、残念ながら概して高視聴率は望めないものです。
    そして、テレビでオンエアされる番組は、これから先も情報番組や流行系番組がメインでしょう。
    即ち、今までのテレビと同じフィールドで4Kや8Kテレビをプロモートすることは、コンデジで記念写真や記録写真を撮っているユーザーに「一眼レフはいかがですか?」と勧めているのと同じです。

    ところで、BSで、地上波の喧騒とは少し距離を置いた紀行番組や歴史番組が多いのをご存知でしょうか?
    良く作りこまれた教養番組や芸術性の高い番組もオンエアされています。
    そこで、4K、8KコンテンツはBSで充実させていく、というのも一案ではないでしょうか。
    高画質を要するコンテンツは、所詮情報番組とは違う作り、違う視聴者なのですから、地上波で混在させるよりも、BSで充実させたほうが、よほど明確なコンセプトとなるでしょう。
    CMもそのような視聴者向けに限った、高品質な作りのものとします。

    そしてもう一つのメディアはパッケージメディアです。
    オンエアコンテンツに対して、これらオフエアのコンテンツは有料でも確実に一定のマーケットがあります。
    そのためにもHDでのブルーレイのように、4K用のパッケージメディアの規格を早く策定してもらいたいものです。
    それによって、制作者が増え、結果的に4Kコンテンツが増えるでしょう。

    ただし、テレビメーカーからすると、この案には問題点があります。
    マーケットが小さいことです。
    大量に生産して、大量に販売することにより、製品のコストが下がり、普及するという構図に乗らないのです。
    しかし、4K、8Kテレビを一眼レフと同じような位置付けにするなら、それなりのマーケットは期待できます。
    SDからHDに代わった時は、全数HDになり、SDは収束しました。
    しかし、4K/8KはHDの置き換えではなく、共存になるでしょう。
    HDでは、ニュースもバラエティーもドラマも、SDで観ていたコンテンツと同じものを引き継ぎました。
    しかし4K/8Kテレビでは、観るものを選択することになるでしょう。
    制作者側にとっても、良質なコンテンツを作ることがビジネスチャンスになれば、4K/8Kテレビで観るコンテンツも自然に増えてくると思われます。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links




    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM