Blackmagic Pocket Cinema Cameraとは

0


    NABでBlackmagic Design(以下BMD)から発表されたもうひとつのカメラがこのBlackmagic Pocket Cinema Camera(以下、同じく勝手にBMPCCとします)です。
    これは正直、全く予想できませんでした。
    恐らく、ほとんどの方が驚かれたのではないでしょうか。

    概要ですが、
    ・Super16mmサイズイメージセンサー
    ・マイクロフォーサーズレンズ交換式
    ・13stopsのダイナミックレンジ
    ・DNG RAWとProRes422の記録フォーマット
    ・1080HD記録
    ・記録メディアはSDカード
    ・3.5"LCD
    ・交換可能なリチウムイオンバッテリー
    ・ステレオマイクロフォン内蔵
    ・マグネシウムボディ
    ・355g

    と言ったところです。

    さて、このカメラ、どのようなターゲットユーザーを想定しているのでしょうか?
    BMDもこの点をアピールしたいようで、サイトでは多様なシチュエーションでの撮影を紹介しています。

    Blackmagic Pocket Cinema Camera is everything you need to bring cinematic film look shooting to the most difficult and remote locations, perfect for documentaries, independent films, photo journalism, music festivals, ENG, protest marches and even war zones.

    ドキュメンタリー、自主制作映画、報道写真、ミュージックフェスティバル、ENG、抗議デモ、そして紛争地域での取材など、(今までの機材では)簡単ではなかった取材とか、遠く離れた地域での撮影を可能にするというようなことが書かれています。

    今まででも小型の機材は存在していましたが、これをフィルムルックで撮れるところがミソというわけですね。
    映画と言えば、いつもスタジオやコンディションが整ったセットで撮っているイメージがありますが、ドキュメンタリー映画では、現実に起こっていることを撮影するので、いつも良いコンディションで取れるわけではなく、機材の小型軽量化は大きなメリットになります。

    Imagine shooting a documentary, episodic television production, television commercial or independent film in the true quality of digital film.

    シネマカメラというと、テレビ局は少し遠いユーザーというイメージがありましたが、オンエア用の番組へも浸透させていこうという意気込みが感じられます。

    そして、特に強調したい(ようにみえる)のが、記録映画に代表されるような史実の撮影をフィルムルックで、というメッセージです。

    With its extremely compact size, you can covertly shoot important and historic events such as wars, protests and other conflict in cinema quality



    確かに、シネマカメラは画質優先で、大きくても重くても、そんなの関係なしという考え方の機材が主流でしたが、全く違った方向から考えられたシネマカメラとして、BMPCCはエポックメーキングなカメラとなるでしょう。

    そして、更に使い方の提案は続きます。

    Blackmagic Pocket Cinema Camera’s affordable price, size and image quality make it perfect for use as a crash cam.

    いわゆるクラッシュカムというやつで、壊れたり捨てたりする前提でカメラを使うというものです。
    衝突させるクルマなどに仕込んでおいて、衝突の瞬間を撮ったりしますが、カメラ自体も壊れる可能性があり、記録済みのメディアさえ回収できればOKです。

    あるいは、エベレストの登頂記録や、未開のジャングルの撮影で、帰りはカメラを捨ててきて、メディアだけ持ち帰るという使い方もあります。
    そのためにはもちろん廉価なことが条件で、10万円そこそこの値段は、十分条件に合うでしょう。

    Blackmagic Pocket Cinema Camera is a true revolution in how you can shoot digital cinema!

    デジタルシネマの撮り方の革命だというのも、まんざらオーバーな表現ではない気がします。

    そして、使い方提案はまだまだ続きます。

    There are lots of shooting scenarios where you need to position a camera in a small space, whether that’s due to physical lack of space or a desire to keep the camera small and perhaps hidden completely.

    大きなカメラではとても入れないようなスペースや、場合によってはカメラを隠して撮影したい場合は多々ありますが、そのような要求にも持って来いです。
    また、LANC端子が付いているので、リモコンもできます、とありますが、それならワイヤレスリモコンがあれば完璧だったのですが。。



    しかしこのカメラ、写真で見るだけで確かなことは分かりませんが、メカの完成度は大変高そうで、何かモノとして欲しくなるような雰囲気ですね。
    メニューのデザインもすごく洗練されていて、美しさを感じます。
    早く手にとって見たいものです。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links




    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM