裏磐梯の秋景をSCARLET-Xで収録しました

0


    SCARLET-Xで収録した映像を4KでYouTubeにアップしました。

    https://www.youtube.com/watch?v=KgcKkZlixFY

    今回は裏磐梯です。
    裏磐梯と言えば、風景カメラマンのメッカと言われるところで、日の出から夕暮れまで、一日中被写体に欠くことはありません。
    秋ともなれば紅葉で埋め尽くされ、美しい秋の風景がいたる所に見つけられます。
    従って、早朝、日の出前でも、撮影ポイントでは日の出を待つカメラマンで三脚を置く場所を見つけるのも大変です。
    夜遅くまで酒を飲んでいる筆者は早朝に起き出すのが苦手で、ついつい出足が遅くなると、三脚を持ってウロウロということになりかねません。
    裏磐梯は11月初旬ともなると既に早朝は寒く、布団から出る勇気を瞬く間に萎えさせてしまいます。
    それでも起き出して、早朝の湖に行くと、そこには早朝しか撮影できないものがたくさんあります。
    夜明け前の神秘的な湖面、朝日に照らされる湖面の水蒸気、草原に降りた一面の霜、などなど。
    早起きは三文の徳とは、やはり風景カメラマンのためにある言葉かも知れません。



    さて、SCARLETはひんやりした空気の中で、ファンが回り出す心配はありません。
    そもそもバッテリーの消費が激しいので、そんなに長い時間回しっ放しにすることは無いのですが、やはり外気温が低いと安心です。(低すぎるのも問題がありますが。。)
    ところで、バッテリーと言えば、裏磐梯のように一日中撮影ができるところでは、計画的に使用する必要があります。
    バッテリー(REDVOLT)は1個で30分程度しか持ちませんので、下手をすると午前中で撮影が終了してしまいます。
    それどころか、早起きしていますので、10時頃には、もう4個のREDVOLT全てが空になっています。
    筆者のクルマにはサブバッテリーが積んであるので、クルマに戻って使ったバッテリーから順に充電します。
    しかし1個充電するのに2時間半かかりますので、あまり連続して撮影していると、やはりバッテリーが底をつきます。



    クルマに戻れない場合は、バッテリーを使い切ったら、その日の撮影は終了となります。
    あるいは、クルマに戻り、急いで充電を始めて、夕景の撮影を行います。
    その間は長い休憩時間になります。
    とにかく、常に充電を考える必要があります。

    当然、バッテリー消費にも気を使います。
    バッテリー1個で4時間とか6時間撮影できるソニーのカムコーダーやキヤノンの5DMK2では、フレーミングやフォーカス確認など、カメラの電源を入れっぱなしでも問題なかったのですが、SCARLETではそんなことはできません。
    電源を入れる前に、フレーミングを考え、レンズを選択し、フィルターが必要なら装着し、準備万端整えて電源を入れます。
    なお、三脚の水平は、カメラが立ち上がっている時間を有効利用して行います。
    立ち上がったら急いでフレーミングを行い、フォーカスを合わせ、収録します。
    電源ボタンを押した後で、人がフレームに入って来ると大変です。
    その人がすぐにフレームアウトするか、しばらく留まるのかを瞬時に判断し、しばらく留まるようならすぐに電源を切ります。
    フレームアウトしそうで、なかなか立ち去らない場合は、本当に厄介です。バッテリーはどんどん減ります。
    従って、電源ボタンを押す前に、収録中にフレームに入ってきそうな人がいないか、よく観察する必要があります。
    立ち上がりには約20秒かかるので、20秒先の状況を読む必要があるのです。
    人の行動を読む能力も、知らず知らずのうちに身に付いてきます。



    冗談はさておき、良いこともあります。
    それはカット数が減ることです。
    バッテリーやメディアに余裕があると、あまり良く考えずにどんどん撮ってしまい、無駄なカットが増えてしまいます。
    しかしSCARLETでは、収録する前によく考える癖がつきます。
    フィルムからビデオへの移行期、ビデオでは無駄な収録をするようになったと聞いたことがありますが、SCARLETではフィルムカメラで撮るような緊張感があるような気がします。
    そうは言っても、やはりバッテリーの持ち、あるいは消費電力の改善は、最優先の一つとして考えてもらいたいものです。

    富良野・美瑛の夏風景をSCARLET-Xで撮影しました

    0
      富良野と美瑛の夏風景をSCARLET-Xで撮影しました。




      お時間とご興味のある方は、こちらからご覧ください。

      https://www.youtube.com/watch?v=b3u2nrKeeyQ

      さて、北海道といえども、日中は直射日光下では結構暑いのです。
      そのような環境下で、それでなくてもファンの音がすごいSCARLET-Xが問題なく動き続けるか、ちょっと心配だったのですが、結果的には全く問題ありませんでした。
      直射日光は暑かったのですが、風があったので放熱効果が良かったのかもしれません。

      SCARLET-XのファンスピードはSettingメニューからAUTOとMANUALで設定することができます。
      あるいは、温度を設定しておき、その温度に達するとファンが回りだしたり、記録中はファン回転を抑えたりと、いろいろなモードが用意されています。
      ちょっと意地悪な言い方をすると、そのようなモードを設けなければならないほどファンの音がウルサイということですね。。


      AUTOにしておくと、かなり大きな音を立ててファンが回り続けますので、音声をカメラの近くで収録する場合はManualなど、他のモードにしておくのが良いでしょう。

      ManualモードにしてMaximum Speedを決めてしまうと、カメラ内部温度が上がってしまった場合、熱暴走してカメラが壊れてしまわないか、という心配があるかもしれませんが、そうなる前にカメラが勝手にファンを全開で回すので、カメラが壊れることはありません。
      ただ、周りの人から注目を浴びることになりますが。。

      今回はManualにして、Maximum Record Speed、Maximum Standby Speedとも30%〜40%にしておきました。
      さすが北海道なのでしょうか、この状態でも、一度もファンが急激に回り始めることはありませんでした。
      もっとも、カメラの電源をもっと長く入れておくとファンが回りだしたのかも知れません。
      なにせ、バッテリーの消費量は半端じゃありませんので、こまめにパワーオフしたのが功を奏した可能性があります。

      最近、”DSMC FAN 2.0 UPGRADE KIT COLLECTION”なるアクセサリーも発売されているようです。(写真下 $875)



      いずれにしても、SCARLETの上部にある放熱スリットから出てくる熱風を浴びるのは、冬場だけにしたいものです。
      熱暴走と言えば、5DMK2や7Dも、動画撮影時は結構熱には弱かったようです。
      当方が使っている5DMK2は、炎天下での使用でも落ちたことはありませんでしたが、7Dユーザーからは聞いたことがあります。
      あちらは、あれだけ小さいボディにファン無しですので、逆に感心します。

      さて、何度も書きますが、画質面では、やはりSCARLET-Xは期待以上のものがあります。
      滑らかできめ細かな画質は、風景映像でも真価を発揮します。
      もちろん5DMK2の動画とは比べるべくもありませんが、エリアシングノイズやモアレや部分的な解像度の低下などに気をつける必要なく撮影できます。
      ダウンコンバートしてHDディスプレイで見ても、HD撮影したものとは解像感がまるで違います。
      最終的にはHDになるコンテンツでも、4Kで収録する意義は十分あるでしょう。

      鎌倉のアジサイをSCARLET-Xで撮影

      0
        当ブログのタイトルから大きく外れて、機器や機能の内容が中心になってしまっていますが、たまにはタイトルに沿った内容も入れようと思いまして、鎌倉のアジサイ風景を4KでYouTubeにアップしました。
        ご興味とお時間のある方はどうぞご覧ください。

        https://www.youtube.com/watch?v=K8M9Eu9h_hQ



        撮影は全編SCARLET-Xで、Full4K(4096x2160)、23.98p、1/8圧縮です。
        レンズは、キヤノンEF16-35mm F2.8L II USMを中心に使っています。
        編集はPremiere Pro CS6でシーケンスを4KHD(3840x2160)にして、16:9にしています。
        書き出しは同じく4KHD、QT/MPEG4です。
        TouTubeには、したがって4KHD(3840x2160)でアップしています。

        当日は雨が降っており、レインカバー(といってもビニール袋ですが)は使ってはいるものの、上部に排気口が大きく開いているカメラ本体に水が入らないか、ヒヤヒヤものの撮影でした。
        このあたりも、ヘビーデュイーティーな格好をしてるけれども、とても繊細なSCARLET-Xの一端です。

        4K撮影では、やはりフォーカスに気を使います。
        最初に大きくフォーカスが外れているときは、マニュアルでフォーカスリングを回すのが面倒なので、オートフォーカスで持って行きます。
        そして、拡大表示にしてマニュアルで微調整するのですが、オートフォーカスは快適にすばやく動くものの、拡大表示は、一瞬画が乱れ、しばらくして2倍表示になります。
        標準のサイズに戻すときも、一瞬画が乱れます。
        このタイムラグには、イライラさせられます。
        5DMK2の拡大表示はすばやく切り替わり、2倍と4倍まで拡大できたので、フォーカス合わせも大変楽だったのですが。。

        画質は、5DMK2と比べるのもなんですが、さすがSCARLET-X、という感じで、解像感や安定感が全く違います。
        もちろん5DMK2でいつも注意を強いられた偽色やモアレ、エリアシングノイズは皆無です。
        特にエリアシングノイズは、5DMK2ではチルト時に、細かい木の枝や建物の屋根などでは必ずと言っていいほど出たのですが、全画素読み出ししているSCARLET-Xでは、当然ですが全く問題ありません。

        現像とグレーディングはPremiere Pro CS6の標準機能を使用しています。
        REDCINE-X Proを使用しても良いのですが、やはり編集とグレーディングを行ったり来たりするので、編集ソフトに入っているものの方が格段に効率的です。
        ただ、DaVinciのように、特定の色を選んで調整したり、特定のエリアを選んで調整することはできません。
        Premiere ProやREDCINE-X Proでこれができるようになれば完璧なのですが。

        奈良、吉野の桜

        0

          SCARLET-Xで桜の名所、奈良の吉野山を撮影しました。
          少し時期が早かったので、残念ながら満開感はあまりありません。

          SCARLET-Xは1/8の圧縮率で撮影しています。
          レンズはCanon EF16-35mm F2.8L II USMです。

          下の写真は、PremiereProで4KのR3Dファイルから直接静止画を切り出したものです。
          SaturationやContrastなど、多少調整を行っていますが、EOS5DMK2と比べると、かなり淡白な感じです。
          が、品の良い色付きだと思います。

          ブログにアップするため、解像度を落としているので、良く分からないかもしれませんが、解像感は抜群です。
          5DMK2で悩まされたエリアシングやモアレは全く無く、HDのモニターで見ても立体感が感じられるほどの高精彩です。
          また、5DMK2では、細かいところの解像感が急激に悪化して、モヤッとした感じにる場合があったのですが、SCARLET-Xではそのようなところは見当たりません。

          話がそれますが、解像感が高いと立体的に見える、と言うのはホントですね。
          一時流行った3Dは無理やり立体に見せたのでかなり不自然でしたが、高解像度からくる立体感は自然な感じがします。

          色とコントラストを積極的に乗せてくる5DMK2とは全く異なったトーンですので、SCARLET-Xのトーンを見ていると5DMK2の画が、かなり派手に見えてきます。






          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << November 2018 >>

          selected entries

          categories

          archives

          links




          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM